スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

プロスペクト理論を知る


最近「プロスペクト理論」というものを知りました。

どういうものかを調べていく内に僕がFXをやっていた時の行動に当てはまるものでしたので、まとめてみようと思います。

FXや短期での株式売買を行う場合はこの理論を知っているか知らないかが結果に大きく左右してきそうだなと感じます。


・プロスペクト理論とは


プロスペクト理論とは行動経済学の1つとして捉えられ、アメリカの心理学者であるダニエル・カーネマンが提唱した理論です。

プロスペクト理論を簡単にまとめると、人は利益を得られる場面においてはリスク回避を行い、損失を被る場面においてはリスク選好になる傾向がある、というものになります。

具体例としては下記の通りです。


まず利益を得られる場面です。

・100%の確率で100万円を得られる
・50%の確率で200万円を得られる (50%の確率で1円も得られない)

このような場合、殆ど人は前者の「100%の確率で100万円を得られる」を選ぶことになります。

次に損失を被る場合です。

・100%の確率で100万円を損する
・50%の確率で200万円を損する (50%の確率で1円も損しない)

このような場合、殆ど人は後者の50%の確率で200万円を損する (50%の確率で1円も損しないを選びます。


・プロスペクト理論とFX


FXをやっていた時はよく利小損大という言葉を目にしていました。
利益を得る時は金額が小さく、損をする時は金額が大きい、ということになります。

これはまさにそのまま上記のプロスペクト理論に当てはまります。

利益を得る時は堅実に行っているのに、損を抱えた途端にリスク選好になり、結果としてトータルで損をすることにつながります。

FXでは自分の決めたルールをいかに忠実に守るかが鍵と言われますが、それはこのプロスペクト理論から来ているのかもしれません。

利益を得るときも損をする時も同じルールでやれば、理論上はそこまでの損害はないはずですしね。


・プロスペクト理論と事業


僕はもうFXからは身を引いていますが(FX取引を終える 参照)、もしかしたら事業を起こす可能性はあるかもしれません。(可能性はあまり無いですが。。)

事業を起こした時にもこのプロスペクト理論は応用が出来そうです。

利益を得る時も堅実に、損をする時も堅実に、どちらもリスクをなるべく下げる、ということが事業継続にも必要なんだと思います。

常に冷静でいることが重要ですね。



プロスペクト理論はこんな感じになります。
僕もこれを事前に知っていれば去年8月のチャイナショックでの損を最小化出来たかもしれません。( 大荒れ為替相場 参照)

でも事前に知っていたら今でもFXを続けていたかもしれませんので、そうなったらアフィリエイトへの挑戦もしなかったかもしれません。

なので知るタイミングとしては今で良かったと思います。


にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。