スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

妻に父親としての育児の点数をつけてもらう


先日父親の育児参加の記事を見て、ふと妻に僕の育児参加について点数を聞いてみました。


妻から出た答えは90点でした。

その理由として下記でした。



・平日帰りが早いので色々助かる (これが一番と言っていました)

・息子と二人で過ごすことができるので、土日に妻が一人で買い物に行ける

・離乳食の献立を考えて、あげることができる

・おむつ替え、保湿クリーム、専用洗剤での洗濯、など息子の身の回りが一通りできる。



マイナス10点は下記です。



・寝かしつけが出来ない



一方僕の自己採点としては50点です。


50点を取れている理由としては必要最低限のことはできているかなと思っています。(曖昧な表現ですが。。)


マイナス50点の理由は下記です。



・寝かしつけが出来ない。 (これは妻に任せっきりになっています。やらなくては)

・耳掃除、爪切りをしていない。

・お風呂を一人で入れたことが無い。(いつも二人体制ですが、僕が残業の時は妻は一人です。。)

・離乳食の段階、素材作りを任せっぱなし。

・病院での英語を任せっぱなし。



等々上げればキリがありません。



90点をもらえたことは嬉しいことですが、一方で現状で90点ということは裏を返すとそこまで育児参加を期待されていない、ということになりますね。(言い方がちょっと悪いですね。。)


妻も日本に帰ればまた働く予定ですし、そうなれば今のような甘えられている状況じゃなくなり、全て出来るようにならなくてはいけません。



もちろん外部委託(保育園、保育サービス)も視野にいれますが、万が一の場合に備えてちゃんとできるようになっておきたい所です。



今よりも定時帰り必須ですし、それこそテレワークだったり、在宅勤務なんかも検討したいです。



今は「イクボス」という言葉が結構浸透してきていますが、父親の育児参加が日本全体の生産性を向上させるのに大いに貢献すると思っています。



にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。