スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

予想は外れるもの


「予想されるもの」というのは世の中に数多くあると思います。

仕事で言えば、月次売上見込みプロジェクトを進めていく上で起こりえる障害の予測、等が考えられます。

投資の世界で言えば、株価予想為替予想、等があります。


これらの予想や予測は、精度を高めるために過去の実績やあらゆるデータを使って算出されていることが多いです。


ですがどんなに時間をかけたとしても基本的に予想は外れるものです。

勿論ある程度精度を上げることは出来ますし、当たることもあります。

でもピッタリ当たるのはあくまで偶然です。

精度を高めるために時間を掛けるのは大切ですが、その精度には限界があります。

そのためある程度までいったら予想が外れたときの対応策を考えておくことがとても重要だと考えます。


例えば仕事で、あらゆるデータを使って今月の売上予想が100万と算出します。

ですが、途中で予想外の出来事が起きてしまって90万円の結果となってしまいました。

予想だけしていたのではこの結果は90万円のまま変わりません。

一方事前にこの予想が外れたときの対応策を考えていれば、予想外の出来事が起きたときにその対応策を使って売上を100万円と出来る可能性があります。


投資の世界でも同じだと考えます。

今後経済がこうなる、株価がこうなる、為替がこうなると予想することはできます。

その予想に従って投資を行いますが、殆どの場合は予想外になります。

その時に予想だけに時間を割いているとその予想が外れたときに感情的に動いてしまいますが、対応策を考えていれば冷静に対応ができます。

どのような結果になっても想定の範囲内、と言えるように準備をしておくと言えそうです。


予想をすること自体は楽しくもあるのでつい時間を費やしたくなるのですが、僕はあらゆることの専門家ではないので、基本的に予想1割、不測の事態の対策9割にしようとしています。


予想に掛ける時間は極力少なく、予想が外れたときの対応に多くの時間を割くようにします。

これは仕事でも投資でもそうしようと心がけています。

心配性の自分にはこのやり方がとてもあっていると思います。

この「予想は外れるもの」は僕の上司の上司がよく言っていた言葉で、自分の人生に大きく影響を与えたと思っています。


「予想を当てにいくことは占い師がやること。占い師になってはいけない。あくまで予想は手段であり、その手段にとらわれるのではなく、本来の目的を達成すべくあらゆる対応策を考えておくことが大事」


今後もこの考えに基づいて行動していこうと思います。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。