スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

米国企業別給料ランキング 2016


先日世界就職先人気企業ランキングというのを調べてみましたが(世界就職先人気企業ランキング 2016 参照)、多くは米国企業でした。

そこでこれらのランキングというのは高収入と直接結びついているのかが気になったので、米国内の企業別企業ランキングというのを調べてみました。

今回はBusiness Insider というサイトの「The 25 highest-paying companies in the US in 2016 (米国企業給料トップ25)」から15位までを抜粋してみました。

ランキングは↓の通りで、平均年収となります。(1ドル=100円換算としています)


1位 A.T. Kearney        $167,534  (1,675万円、コンサル)
2位 Strategy&          $160,000 (1,600万円、コンサル)
3位 Juniper Networks      $157,000 (,570万円、通信)
4位 McKiensey & Company   $155,000  (1,500万円、コンサル)
5位 Google            $153,750 (1,534万円、IT)
6位 VMware                           $152,133  (1,521万円、通信)
7位 Amazon Lab126              $150,100 ($1,500万円、電子機器)
8位 BCG                                 $150,020 (1,500万円、コンサル)
8位 Guidewire                        $150,020 (1,500万円、通信)
10位 Cadence Design Systems $150,010 (1,500万円、IT)
11位 VISA                                 $150,000 (1,500万円、金融)
11位 Facebook                          $150,000   (1,500万円、IT)
11位  Twitter                             $150,000  (1,500万円、IT)
11位  Box                                 $150,000  (1,500万円、IT)
15位  Walmart eCommerces     $149,000 (1,490万円、IT)


人気企業ランキングとこの給料ランキング両方に入っている企業は、GoogleとMckinsey&Company、BCGの3社だけでした。

人気企業ランキングでは給料以外の要素が大きく含まれているということでしょうか?(休暇、保険、働きやすさなど)

業種別で見てみると、やはり全体的にはコンサル、ITが多く占めています。

意外だったのが金融で唯一ランクインしているのが、証券/銀行ではなく、クレジットカードのVisaという所です。

Facebook、Twitter、Boxといったスタートアップ系の企業が入っているのがアメリカらしく感じます。

それと面白かったのが、Stragegy&、Amazon Lab12、Walmart eCommerces はそれぞれ親会社から部門が分社化した企業となりますが、そこの給料がかなり高いという所です。

*Stragegy&はPwCの戦略部門から分社化された企業で、以前はブーズアンドカンパニーという名称でした。


こういうランキングって結構アメリカ人も知らないので、話のネタになって良いです。

また他にも調べてみようと思います!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。