Read more

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

Read more

ギリシャ問題でも動じない

アメリカでも昨日の夜からギリシャ問題についてずっとやっています。BloombergのサイトもBloombergのテレビもCNNというニュースの放送局もギリシャ問題について多くを報道しています。僕も$200の投資信託が-$4の含み損、小遣いで行っているFXも-$1,200の含み損を被っています。投資信託の含み損はまだしもFXの含み損 $1,200 はかなり大きい額ですが、過去‐$2,000まで膨らんだことがあること、証拠金が増えていることであと$2,000含...

Read more

テレワークに関して

先日、郊外に家を購入した場合の通勤時間が片道2時間45分になりそうという内容を書きました。通勤時間片道2時間45分は許容範囲?長い通勤時間でも有意義に時間が過ごせればそれで良いですが、それでもやっぱり短いに越したことはないです。妻も日本に帰ってから働く予定なので、以前の会社に戻った場合は勤務地が東京のため同じ通勤時間になりますし、会社を変えたとしても東京に本社にある場合が多いので、やはり通勤時間が長くな...

Read more

情報強者か情報弱者か

世の中は情報強者と情報弱者に分けられると思います。お金の事に関しても、仕事のことに関しても、何かのやり方に関しても知ってるか、知らないかで結果がかなり変わってきます。例えばお金に関して、現金預金しかない人は、投資は危険!とそもそも投資にどのような種類があるか知らなかったり、インフレ下では資産が実質目減りしてしまうことを知らないと考えています。情報強者の人の共通点としては、パソコンが良くつかえ、どう...

Read more

釣りを食糧確保の手段にしたい

去年から釣りを始めましたが、始めたきっかけは小学校の頃流行っていて、ずっとやりたいなと思っていたことと、魚を釣って食糧確保につなげたい、との思いからです。日本への帰任と同時に家を現金一括購入することで住居の確保を目指していますが、食糧を確保することで、お金が無くても最低限生きていけるという、万が一職を失った時のリスクヘッジになります。(実際は税金の支払い等がありますが。。)食糧の確保の方法については...

Read more

通勤時間片道2時間45分は許容範囲?

日本に帰ったら郊外に一件家を買いたいと思っていますが、会社までの通勤時間がかなり長いことは分かっていましたが、改めて調べてみると2時間45分でした。。。家⇒最寄り駅 車で40分最寄駅⇒会社最寄駅 電車で110分会社最寄駅⇒会社 徒歩15分計165分 (2時間45分) 往復5時間半です。さすがにちょっと長すぎる気がしてきました。かといってもう少し都心に家を買うとなるとローンと会社に縛られる人生になってしまいます。個人的に...

Read more

持家の固定資産税を調べてみる

家を一括で購入すればローンに縛られることなく住居を確保することができますが、買って終わりではなく、固定資産税や修繕費用などが必要となります。色々調べてみるとやはり固定資産税が負担として重いようです。固定資産税という名前は何度も聞いたことがありましたが、ちゃんと調べてたことが無かったのでこれを期に調べてみました。固定資産税とは、各市町村が土地と家に課す税金で、名目としてはその徴収した税金でその家の周...

Read more

日本一の出生率

毎朝英語と経済の勉強という名目でbloombergというアメリカのニュースサイトを見るようにしています。そこで日本一の出生率を誇る沖縄県について書かれていました。要約するとこんな感じです。・沖縄県の出生率は1.94 (東京都は1.13)・女性の平均寿命は長野県に次ぐ2位・月の平均残業時間は東京都より4時間短く、その分夫の育児参加が高まる傾向にある・女性の就業率は日本全国平均より高く、1位の東京都を若干下回る・初産平均年...

Read more

家計内訳

現在の家計の内訳はこのようになっています。 支出詳細収入詳細生活費450妻小遣い3563給与350食費290ガソリン代220自分小遣い150交際費100子供費100日用雑貨費80電気代70携帯電話×270ケーブルTV費50ネット費積立費300自動車保険積立250灯油積立100車点検費積立貯金系450現金貯金100投資費433旅行、その他積立3563合計3563合計給料は手取りで$3,563となっています。日本の時は残業代がありましたが、こちらでは残業代が出ない...

Read more

リスクヘッジの範囲③

最後になります。人が東京に集まってくる理由は働き先があるからと考えます。働き先がある⇒人が集まる⇒お金が使われる⇒市場が大きくなる⇒企業が投資する⇒働き先が増える・・・・なので働き先が地方にもたくさんあれば人も地方に流れると思っています。働き先が東京に集中する理由は、省庁等の国の機関があるからと何かで読んだことがあります。そのため各地方に省庁があれば企業も地方に流れるのではと考えています。あまり詳しく...

Read more

リスクヘッジの範囲②

続きです。幸せな生活を送る→お金が必要→会社からの給料のみはリスクあり→他でも働ける能力をつける→しかしこれらは日本経済が今と同水準を保ち続ける前提→日本経済が収縮するとそもそも働き口無くなる、生活水準も落ちる→幸せな生活を送るには日本経済の今後の成長も考える必要がある。風が吹けば桶屋が儲かる並の遠回りの考えになってしまっていますが、割りとこのことについて考えています。僕の懸念点は経済の縮小により、働き...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。